<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

† - †
Com[0]Tb[0]
『エターナル・サンシャイン』
2004・アメリカ 107分

監督:ミシェル・ゴンドリー
出演:ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット

鑑賞日:3月23日(水)19:35〜
劇場:川崎チネチッタ cine4

==========


別れた恋人クレメンタイン(ウィンスレット)が、自分との思い出を消去する手術を受けたことを知ったジョエル(キャリー)は、自分も同じ手術を受けることにするが……。

==========


『マルコヴィッチの穴』『ヒューマンネイチュア』でおなじみ、ちょっこすおかすなパラレルワールド作りが得意なチャーリー・カウフマンの脚本です。アイディアはやっぱり奇抜で、ところどころに毒もあるけれど、今回はいつになくロマンチックでハッピー、後味のよろしいお話です。

ジム・キャリー演じるジョエルの現在と記憶(夢?)の中をあちこち飛びながらお話が進行するため、ちょっとややこしい感じもします。お相手のクレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)はちょっと変わった人なんですが、その彼女との恋愛はけっこう普通なので、誰しも自分と少しは重なる部分が出てくると思います。が、あんまりぼんやり観ていると流れが分からなくなってめんどくさくなってしまうので、自分の恋などを思い出すのはあとにして、多少意識して集中して観てください。

お話自体もおもしろいのですが、記憶世界のビジュアルがなかなかファンタジックに凝っていて、すごくわたしの好きな感じでした。それだけでもうこの映画、オールオッケーです。

書店の本がみんな背表紙を奥にして棚に入れてあるところとか、車の中がどんどん砂で埋まっていっちゃうところとか、子供サイズのジム・キャリーのバランスとか、実際の経験の記憶なんだけど、まんま現実通りじゃなくて、SF(すこしふしぎ)な色が鮮やかで生き生きしたイメージ。あのねー、なんていうか、あかるいマルホランドドライブみたいな……。ちょっと違うな。うーん、字で表現するのは難しい。とにかくこういう雰囲気が好きってことよ! 観りゃわかるわよ! 

(あ、逆ギレちゃいました、失敬失敬。てへッ。)

ジム・キャリー、こういう普通の人の役をやらせると、すごく上手くてすごく男前なのがよく分かります。この役は暗くてうじうじしちゃって全然かっこよくない男で、わたしはこういう男は嫌いですが、見事な憎みきれないろくでなしっぷりを見せてくれます。ケイト・ウィンスレットもエキセントリックで危ない女性を魅力的に演じています。実際なら関わり合いになりたくない種類のめんどくさそうなカップルなんですけど、演出の素敵さも加算されて、観ているうちにちょっとうらまやしくもなってしまいます。

他の俳優もみんないいです。イライジャ・ウッドはかわいい顔して気持悪いストーカーまがいの役にばっちりはまってて、『ロード・オブ・ザ・リング』を全然思い出させない熱演だったし、キルスティン・ダンストは『スパイダーマン』よりいくらか可愛かったですよ。

わたしもどっちかというと(恋愛関係に限らずですが)、いろいろと忘れてしまいたい、と思って生きているほうなので、別れてすぐにジョエルとの思い出を消してしまったクレメンタインの気持ちはなんとなく分かるのです。他の人にも、わたしが死んだらわたしのことはぜんぶ忘れてほしいと思っているくらい。

でも、「この思い出だけは消さないで」と自分の記憶の中で訴えるジョエルを見て、終わってしまっても「忘れたいことなんてひとつもない」ような恋愛をしてみたいな、と思いました。あー、だからこの二人がうまらやしい気分になったのかなあ。

映画の中で語られる思い出のほとんどは、取り立てて大事件だったりするわけじゃなくて、本当になんでもないようなことで、そのへんがまたうまく共感させられるんですよ。そう、なんでもないようなことが幸せだったと思うのよ。なんでもない夜のこと、二度とは戻れない夜。けど、俺の手を握り返し「愛が欲しい……」と言った、ってそりゃねえだろう眠れる森の少女よ。……何を言っているのか、わし。

わたしは暇はあるけど恋はしていない自由な人ですが、恋愛中の方にはまた格別にクるものがあると思います。カップルもしくはアベックもしくはル・クプルで是非どうぞ。なお、別れても当方は一切の責任を負いません。ただわたしがニヤリとします。

==========

★今日のメモのハイライト★

『恋がしたいかー!』



==========
映画(あ行)
Com[0]Tb[1]
スポンサーサイト
† - †
Com[0]Tb[0]
†Comment†
†Comment Form†










†TrackbackURL†
http://anten-meiten.jugem.jp/trackback/70
  公序良俗に反するトラバは絶対禁止です!!
†Trackback†
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
† - †
† 2007/04/25 4:18 AM †
InternetExplorer Only